ミブログ画像解析ならMiVLog(ミブログ)

ソフトウエア

WinROOF粒界分離オプションって?どんなことができる?

粒界分離って?どんなことができるの?

WinROOFシリーズには、様々なオプションがございます。今回は『粒界分離』オプションをご紹介いたします!金属を観察されている方を中心に非常に多くお問い合わせをいただいている機能です。
粒界分離とは、金属組織などの網目状の境界をもつ粒子の集まりを「キレイに分ける」機能です。皆様の中にも、以下のような粒子画像のカウント・測長をされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

粒界分離001

このような画像の場合、通常は次のような方法で検査・解析を行います。
■目視検査:顕微鏡で覗きながら数のカウントを行ったり、印刷して長さを計測する
■画像解析:画像の明るさから粒子を取り出す「2値化」を行う

「2値化」は非常に便利で、画像内の粒子の数や長さを一発で取り出すことが可能です。 しかし、境界面があやふやな画像については粒子同士がくっ付いてしまい、結局ひとの手で修正することが多くなって大変です。
下の絵のように、2値化してみると隣どうしの粒子がくっ付いてしまっているということが良く起こります。
grain_2値化 Grain_2値化


WinROOFシリーズの『粒界分離』機能では、下の絵のように先ほどのような粒子を切り離して取り出すことが可能です。 これによって、ひとの手による修正が少なくなりますので、ずいぶん"楽"になりますね。
Grain_粒界分離 Grain_粒界分離_拡大

2値化とは異なりしっかり分離できています。それぞれ分離した領域に色分けをすると、下の絵のようになります。
Grain_粒界分離_マップ

粒界分離機能 まとめ

・『粒界分離』機能で、2値化ではくっ付いてしまう粒子を分離してカウント・測長可能!
・キレイに分離できるため、ひとの手による修正が少なくなり、"省力化"につながる!

SOFTWAREソフトウェア紹介

画像解析・計測ソフトウェアWinROOFシリーズは、弊社が30年間蓄積したお客様の声にお応えして、お客様にとって”最も使いやすく、最も身近なソフトウェア”をテーマに生まれ変わりました。あらゆる画像の解析評価でお客様の力となるソフトウェアです。
WinROOF2018ではWinROOF全ての機能を踏襲し、新たに新機能を追加しております。 表示言語として日本語⇔英語の切り替えも可能ですので、海外でのご利用にもご検討いただけます。

ソフトウェア紹介ページ

ソフトウェアに関するお問い合わせ

RECOMMENDおすすめ記事

建設・工事業向けERPパッケージソフトウェア e2-movE