ミブログ画像解析ならMiVLog(ミブログ)

画像処理

明るさの補正 - ヒストグラムと明るさの関係

明るさの補正

ヒストグラムを見るとどんな画像なのかその傾向が分かるということは、別の記事(ヒストグラム - 画像の性質を見てみよう)でご紹介しました。
今回はその応用としてヒストグラムを変化させることで明かるさを変化、調整することができるという例をご紹介したいと思います。

補正無し

001_LENNA_lum.gif
始めに元の画像と、そのヒストグラムです。ヒストグラムはほぼ均一に横に広がっており、明るい画素から暗い画素まで存在する画像です。
ヒストグラムの一番高い部分は、150あたりを示しており、その付近の値が高いことからも、画像全体としても暗すぎたり、明るすぎたりしない画像といえます。

ヒストグラムを+50シフトして明るく

002_LENNA_lum.gif
元の原画のヒストグラムを、50ほど右側へシフトしてみました。
ヒストグラムの右端には255に達してしまった画素が多く見られ、先ほど150あたりに見られた傾向は200あたりに現われます。 そのため、画像は全体的に明るく白く飛んでしまっている状態になります。

ヒストグラムを-50シフトして暗く

003_LENNA_lum.gif
今度は元の画像のヒストグラムを、50ほど左側へシフトしてみました。
先ほどとは逆に、ヒストグラムの左端には輝度値が0に達してしまった画素が多く見られ、100付近に画素が集まっています。 そのため、画像は全体的に暗くなっており、黒くつぶれてしまっている画素も出ています。


いかがでしょうか?ヒストグラムと画像全体の明るさの関係がイメージできたのではないかと思います。 例えば、画像解析では「著しく黒い粒子を抽出する」など目的がハッキリしている場合には、あえて全体の明るさを暗くして、抽出したい部分をつぶしてしまうといったことを することもあります。解析する対象に適した処理を選択することが大事になります。

WinROOFシリーズでの操作手順

画像を開いて、ソフトウェアのメニューより『画像処理メニュー → 強調 → 明るさ・コントラスト』を選択します。
明るさ_001.png

画面に表示される設定画面より、"明るさ"のスライダーバーを操作することで、実際にコントラストの変わり方をプレビューしながら処理を実行することができます。
明るさ_002.png

SOFTWAREソフトウェア紹介

画像解析・計測ソフトウェアWinROOFシリーズは、弊社が30年間蓄積したお客様の声にお応えして、お客様にとって”最も使いやすく、最も身近なソフトウェア”をテーマに生まれ変わりました。あらゆる画像の解析評価でお客様の力となるソフトウェアです。
WinROOF2018ではWinROOF全ての機能を踏襲し、新たに新機能を追加しております。 表示言語として日本語⇔英語の切り替えも可能ですので、海外でのご利用にもご検討いただけます。

ソフトウェア紹介ページ

ソフトウェアに関するお問い合わせ

RECOMMENDおすすめ記事

建設・工事業向けERPパッケージソフトウェア e2-movE