mitani corporation
  • 製品ラインナップ
  • ダウンロード
  • サポート
  • 対応OS一覧
  • 事業紹介

Volocity

  • 特徴
  • ハードウェア

Volocity Restoration機能詳細

Volocity Restoration は、デコンボリューションアルゴリズムおよび、顕微鏡(Confocal, Wide Field)に対するPSF機能が含まれます。このVolocity Restoration アルゴリズムは、3D、4Dボリュームの高速/高品質のデコンボリューションを行うために設計されています。

Volocity Restoration の特長

■Interactive RestorationによるX,Y,Z軸分解能の改善、向上
■Fast RestorationによるX,Y軸分解能の改
■イルミネーション補正機能
■3Dシーケンスのバッチ処理

PSFに基づくデコンボリューション

volocity-res01.gif

デコンボリューションとは、顕微鏡画像からピントの合っていない部分に起因するボケを取り除く計算処理です。 Volocity Restorationは、PSF(Point-Spread Function: 点像分布関数)に基づくデコンボリューションアルゴリズムを実行します。PSFは、1点から出た光が顕微鏡を通ってどのように3次元的に広がるかを表現する関数です。顕微鏡像の輝度分布は試料の輝度分布とPSFとのコンボリューション(たたみ込み積分)になります。これが光学的な「にじみ」になります。PSFを使って数学的に「にじみ」を除去することで試料本来の輝度分布を再現できます。こうしたプロセスでデコンボリューションが実現されます。Volocity Restorationでは、PSFの算出法に適応型と固定の2種の設定ができます。実際に画像に対してVolocity Restoration を行う際には、事前にいずれかのPSFを設定しておく必要があります。

Interactive Restoration の利用  - 設定-

volocity-res02.gif

Interactive Restoration ダイアログで設定を行うだけで、対象画像のX,Y,Z軸分解能の改善を行うことができます。

Interactive Restoration の利用 -Interactive Restoration の効果-

volocity-res07.gif

画像に対してInteractive Restoration ダイアログから処理をかけます。

Fast Restoration の利用 - 設定 -

volocity-res06.gif

Fast Restoration はデバイス毎に設定します。デバイスオプションで設定します。Fast Restoration ダイアログで設定を行えば設定は完了です。

Fast Restoration の利用 -Fast Restoration の効果-

volocity-res08.gif

画像に対してFast Restoration ダイアログから処理をかけます。

×

製品に関するお問い合わせ
お困りごとや製品についてのお問い
合わせはこちら
カタログやデモ版のダウンロードはこちら

トップへ